勉強・相談・講演会でのZoomの使い方

ビデオ会議Zoomを使って、勉強・相談・講演会などを行う場合の講師側と受講者側の使い方についてご説明します。Zoomを有効に使って見ましょう!
なお、基本はパソコン同士の操作となります。スマホ・タブレット端末もあれば+αの使い方ができます。
なお、Zoomの基本的な使い方はZoomビデオ会議の使い方を参照願います。

目次
1.画面の共有

講師が説明のため及び受講者が質問や成果を見せ合うために、それぞれのパソコン画面などを見せ合う必要があります。以下に様々な画面の共有方法を述べます。

  1. ① 同時に1名の参加者が共有
    Zoomホストは、まず、コントロールパネルの[セキュリティ]ボタンから[画面の共有]にチェックが入っていることを確認します。次に、[画面の共有]ボタン横[∧]から[同時に1名の参加者が共有可能]にチェックを入れます。その後は、画面を共有する人が自分のコントロールパネルから[画面の共有]ボタンを押すことで画面の共有ができます。共有は同時には1名で、最初の画面共有者が[共有の停止]をすることで次の人が共有できます。
  2. ② 複数の参加者が同時に共有
    Zoomホストが[画面の共有]ボタン横[∧]から[複数の参加者が同時に共有可能]にチェックを入れた場合は、複数の参加者が同時に画面共有することができます。但し、画面共有した人は自分の画面しか見ることはできません。共有していない人は共有している人を指定して、その人の画面を見ることができます。先生が生徒の答案用紙を覗いているようなものです。
  3. ③ デスクトップ画面の共有
    [画面の共有]ボタンを押した時、[共有するウインドウまたはアプリケーションの選択]画面が表示されます。画面上部のタブ[ベーシック]から[画面]を選択し、画面右下の[共有]ボタンを押すことにより、デスクトップ画面が共有されますので、デスクトップに共有する画面を開きます。また、予めデスクトップにファイルなどを置いておけば、即そのファイルを開くことができます。
  4. ④ YouTube動画などの音声も流す場合
    YouTube動画などを画面をデスクトップ画面で共有した場合、マイク音は流れますが、動画の音声は流れません。予め、[共有する---の選択]画面で[共有]ボタンを押す前に[☐コンピューターの音声を共有]にチェックを入れます。
  5. ⑤ ホワイトボードの共有
    [共有する---の選択]画面のタブ[ベーシック]から[ホワイトボード]を選択し[共有]ボタンを押せば、共有画面にホワイトボードを表示させることができます。ホワイトボードへの書き込みは共有した以外の人も可能です。ツールバーから[テキスト]や[線を描く]などを選択して書き込みをします。なお、消しゴムで消せるのは自分が記入したもののみになりますので、色を変えると自分が記入した個所が分かり易くなります。最後に[保存]アイコンをクリックすると記入したホワイトボードファイルがPCドキュメントのZoomフォルダーに保存されます(形式は[∨]から[PNG]又は[PDF]を選択可能)。
  6. ⑥ iPhone/iPad端末の画面共有
    スマートフォンやタブレット端末の使い方を説明する場合は、端末の画面を共有する必要があります。[共有する---の選択]画面のタブ[ベーシック]から[iPhone/iPad]を選択し[共有]ボタンを押します。最初は[iPhone/iPadを共有するにはプラグインが必要です]の画面が出ますので[インストール]ボタンを押します。[iPhone/iPadで次の指示---]画面が出ますので、iPhone/iPadでPCと同じWi-Fiに接続し、画面右上からスワイプしてコントロールパネルを表示させます。[画面ミラーリング]をタッチ。続けてZoom-(㍶名)をタッチ。表示外を2度タッチして設定画面を消します。PC側にiPhone/iPadのミラーリング画面が表示され画面共用となります。
    なお、[LonelyScreen]アプリを使用した画面キャプチャによる画面共有。及び、次項で説明する方法でも画面共有が可能です。
  7. ⑦ Android端末の画面共有
    [共有する---の選択]画面にAndroid端末はありません。また、WindowsのMiracast機能(タスクバー吹き出しにある[接続])はZoomと併用できないため使用できません。よってAndroid端末でZoomに参加し、その端末から[共有]ボタンをタップします([共有]ボタンが表示されていない場合は画面をタップすると表示されます)。共有する項目の選択画面が表示されますので[画面]をタップします。続けて[Zoomを使用すると,画面に表示されているすべてのものがキャプチャされます]の表示が出ます。[今すぐ開始する]ボタンをタップすると端末の画面が表示され共有されます。共有を止める場合は、ホームボタンからZoomアプリを再表示して[共有の停止]ボタンを押します。
  8. ⑧ バーチャル背景としてのパワーポイント
    パワーポイントで説明する場合、[共有する---の選択]画面のタブ[ベーシック]から[画面]でパワーポイントを表示して説明可能ですが、講師の話している様子が分かりにくくなります。共有しているパワーポイントを背景として説明している講師の姿を映すことができます。[共有する---の選択]画面のタブ[詳細]から[バーチャル背景としてもPowerPoint]を選択し[共有]ボタンを押します。[ファイルを開く]画面から目的のパワーポイントを選択し[開く]ボタンを押します。すると、開いたPowerPoint上に、長方形に切り抜かれた講師の姿が表示されます。パワーポイント画面の説明に邪魔にならないように長方形の大きさや位置はマウス操作で調整できます。
  9. ⑨ 第2カメラの使い方(カメラ映像を共有で流す)
    講座風景、リアルのホワイトボード、書画などをカメラで映しながら、画面共有することができます。[共有する---の選択]画面のタブ[詳細]から[第2カメラのコンテンツ]を選択して[共有]ボタンを押します。カメラで映し出されたものが画面共有されます。コントロールパネルのカメラアイコン横[∧]よりカメラの選択/切替ができます。
  10. ⑩ クラウドに保存ファイルの画面共有
    [共有する---の選択]画面のタブ[ファイル]から[DropBox/OneDrive/Google Drive/box]を選択して[共有]ボタンを押すことにより、選択したクラウドにアクセスし、その中のファイルを指定して画面共有することができます。
  11. ⑪ リモートコントロール
    受講者が共有したコンテンツを講師から受講者の了解のもとリモートコントロールすることができます。受講者も同時に操作可能です。要求は講師からと受講者からの2通りあります。
    • 講師から受講者へ:講師が共有画面上部に表示された[オプションの表示∨]から[リモート制御のリクエスト]をクリックします。[リモート制御リクエスト]の確認画面が出ますので[リクエスト]ボタンを押します。共有画面受講者へは[○○△▽が画面のリモート制御のリクエストをしています]が表示されますので、共有受講者が[承認]ボタンを押すと、講師からのリモート制御が可能となります。
    • 受講者から講師へ:共有中の受講者から講師へ遠隔制御要求ができます。画面上部の[リモート制御]からリモート制御して頂きたい人を指定します。指定した講師には[クリックして、共有画面のマウス/キーボード制御を開始する]のメッセージが表示されます。
    • 遠隔操作の停止:共有中で遠隔制御されている受講者が[遠隔操作]から[コントロールを停止]をクリックすることで遠隔制御を止めさせることができます。講師側でも[オプションを表示]から[リモート制御権の放棄]でリモートを止めることができます。
2.講師の共有画面と自分の演習画面の表示/切替

講師の操作画面を見て話を聞きながら自分のパソコンで実習する場合、講師の共有画面と自分の演習画面を切り替えたり/マルチウィンドウで大きさを変えたり/デュアル画面で両方見る方法などがあります。それぞれの方法について説明します。

  1. ① タスクバーによる画面切り替え
    Zoomに参加したまま、タスクバーにある[エクスプローラ]から演習アプリ/ファイルを開きます。画面右上アイコンで拡大表示し、講師の声を聴きながら自分の画面で演習をします。講師の画面を表示させる場合は、タスクバーにあるZoomにマウスを合わせ表示されたZoom画面をクリックします。自分の演習画面に戻す時は、タスクバーにある演習しているアイコンをクリックします。
  2. ② 縮小・拡大による画面表示の変更
    切替が面倒な方はZoomと演習の両画面を表示して、Zoom画面の大きさと位置を調整します。Zoom画面右上のアイコンで[―最小]と[☐拡大/元に戻す]があります。[―]をクリックするとかなり小さくなります。戻す時はその画面の右下のアイコンをクリックします。もう少し大きくしたい 場合は画面右上の[☐]状態(  の場合はクリックして☐にします)で、画面の隅をドラッグして大きさを調整します。[☐]をクリックすると画面が拡大されます。
  3. ③ 画面2分割表示
    Zoom画面と演習画面の両方を1台のパソコンで分割表示する場合は、画面右上[☐]状態で、それぞれの画面上部タイトルバーをドラッグして画面左右の端にぶつけます。すると、両方の画面が半分ずつのサイズで分割表示されます。両画面の境をドラッグすることにより表示比率を変えるkことができます。
  4. ④ 2台の端末を使用(Zoom用と演習用)
    パソコン/スマートフォン/タブレット端末でZoomに参加し、その端末で講師のZoom共有画面を見ながら、もう一台のパソコンなどで演習する方法です。
  5. ⑤ 外付けモニターを使用しZoomと演習用画面を表示
    外付けモニターを使用して、片方のモニターでZoomの共有画面を見ながら、もう片方のモニターで演習を行う方法です。
3.リアル講座とオンライン講座の併用
  1. ① パソコン/プロジェクター/マイク/スピーカー/カメラの接続
    • 講師用パソコンの接続
      プロジェクター(講演用)
      マイク&スピーカー(Zoom用) 注:ホスト側のPC接続でも可
    • Zoomホスト用パソコンの接続
      PC用カメラ
      ヘッドセット/イヤーフォンマイク又はマイク/スピーカ
  2. ② 講演者の役割
    • 事前に講座資料をデスクトップなどに入れ表示しやすいい用にしておきます。
    • 時間になったらZoomミーテングに参加します。(Zoom画面表示)
    • タスクバーの[エクスプローラ]から講座資料をダブりクリックして開きます。(資料が表示される。タスクバー上でZoomと資料を切替可能)
    •  プロジェクターに資料を映し出し、Zoom用マイクとスピーカーでZoom参加者と通話できることを確認します(プロジェクター/マイク/スピーカーの調整)。
    • 会場の参加者とは直接会話します(大きい会場の場合は会場用マイクとスピーカーも併用)
    • 会場の声はZoom参加者へは聞こえないため、質問などは前に出てきてもらい、マイクの前で喋って頂くか講演者が質問の中継をします。
    • 質問時は、タスクバーでZoom画面に切り替えてZoom参加者をプロジェクターに映します
  3. ③ Zoomホストの役割
    • 事前にZoom参加者へ招待メールを送付。
    • 受付時間になったらZoomをホストとして起動し、参加の許可を行う。
    • 参加者へミュートを依頼。質問がある場合のみミュートを解除して発言してもらう。
    • 画面共有で第二カメラを指定して、講演者とプロジェクターが映るように設定する。
    • 講座開始後も参加の許可やカメラとスピーカー(講義中小さく、質問時大きく)の調整を行う。
    • チャットも監視。必要に応じてZoom参加者の一人として講演者への助言や補助を行う。
  4. ④ リアル会場参加者の心得
    • 質問が有る場合は手を上げて、講演者の指示のもと質問を行う。
    • 会場のWi-Fiは、講演者とZoomホストにて使用していますので、利用しないでください。
  5. ⑤ Zoom参加者の心得
    • Zoomホスト及び講師の指示に従います。
    • 講義中はミュートにし、質問がある場合のみミュートを解除、又はスペースキー(一時解除)を押しながら質問を行います。
4.その他
  1. ① ノートなどをカメラの前で映して見せ合う
    カメラの前にノートなどを映して見せ合う場合は、バーチャル背景を無しにすることと、見たい人の画像を拡大固定にして 順番に見ていくことになります。
    バーチャル背景を使用している人は、人物以外はカメラに映りにくいため、一旦バーチャル背景を解除します。コントロールパネルのビデオアイコン横の[Λ]からバーチャル背景[None]をクリックします。見せ合うノートなどを顔の横などにかざしてカメラに映しますが、背面カメラや外付けカメラなどがある人は、ビデオアイコン横の[Λ]からカメラを指定して映すやり方もあります。
    見たい人の画面を固定拡大する場合は、その人の画像上で右クリックし、[ビデオの固定]をクリックします。次の人を見たい場合は、再度右クリック又は画面左上の[ビデオのピン止めを解除]をクリックし固定拡大を解除の上、次の人の画面を固定拡大します。