英語サークル若葉

2020年3月1日(月)

3/1は第一月曜日、私たちの英語クラス「若葉」がありました。
今回もZoomでの開催でした。カレンダーの月変わりで、初日にクラスっていうのは、なんとなく“せわしない”という感じでした(笑)。
昨日のテキストはオー・ヘンリーの輪読です。タイトルは「緑のドア」です。1910年ころの物語です。当時のニューヨークはヨーロッパからの移民を大量に受け入れていた時期で、ニューヨークの街も非常に混沌としていた頃です。
まだ、エンパイア・ステート・ビルのような高層ビルがない時代です。ですから、現在の私たちが当時のニューヨークの街中の雰囲気を想像するのはちょっと難しいことではあります。
オー・ヘンリーはそんなニューヨークの街の「冒険」について、この短編を書いています。
アマゾンのジャングルでもなく、ヒマラヤの登頂でもなく、サハラ砂漠横断でもない、“単なる”ニューヨークの街「adventure 冒険」について書いているのです。
私自身は半世紀以上も前に、ニューヨークを訪れたことがありますが、すでにその頃は大量の移民の喧騒はなかったように思います。ですから、私自身、1910年頃の物語の背景について適切な解説ができませんでした。物語を読んでいて、私自身も、正確に雰囲気をつかみかねました。ですから、英語の文字面を読んで、何とか意味は理解した、ってところですね。
古典を読むことの難しさでもあります(苦笑)。

世話人:貞安 記事:鶴本